PAGE
本当に困ったら自己破産を選ぼう
本当に困ったら自己破産を選ぼう

債務整理の自己破産で処分される財産

返済できない借金を法律で解決する方法があります。それは債務整理と呼ばれる方法です。債務整理は法的に借金を解決する方法の総称で、その中には任意整理、特定調停、民事再生、自己破産の4つで成り立っています。ここでは最も有名な自己破産について紹介します。自己破産とは、自分の財産と引き換えに借金を全て免除してもらう方法です。ここまでは誰もが良く知っている自己破産の内容ですね。返済能力がまったくない人に適用されますので、借金の総額と収入のバランスで返済能力がありと判断されると破産させてもらえません。また、自分の浪費が原因で作った借金である場合も適用外となります。

さて、条件をクリアしている人でも自己破産を躊躇する人は多くいます。その理由にあるのが財産を処分されるということです。実は多くの方が勘違いしているのですが、財産が処分されるとは言っても、全ての所有物が処分対称になるわけではありません。原則として、自由財産と称される財産は処分対象外となります。自由財産とは簡単に説明すると、生活に必要な財産です。例えばテレビ・冷蔵庫・洗濯機などの家電製品、寝具・テーブル・家具・鍋・食器などの生活用品やキッチン用品があり、さらには学習用品や仕事に必要とされる道具も処分対象外です。逆に処分されるのは自宅、自動車、保険などです。つまり、大口の財産ということになります。全てを失い、路頭に迷うなんてことはないので正しい知識を身につけて利用しましょう。