PAGE
本当に困ったら自己破産を選ぼう
本当に困ったら自己破産を選ぼう

債務整理や自己破産のメリットとデメリット

債務整理のメリットとデメリットにはどのようなことがあるでしょうか。債務整理というのは、借金問題を解決する効果がある手続きです。これによって借金が減が来できたり、払い過ぎていた金利が返ってくるといった結果を得ることが可能です。また、自己破産が決定すると借金を返す義務がなくなり借金がゼロになります。今まで借金の返済に長い間苦しんできた債務者にとっては、借金の返済が楽になるというのは、大きなメリットになるでしょう。

借金の支払い能力がなく、毎月返済を延滞してきた債務者は、金融業から電話や訪問で返済の督促をされます。俗に言う借金の取り立てとなると、精神的なストレスも大きいものです。借金問題が解決するとこういった督促もなくなるので、精神的にも大きく救われるところがあります。債務整理はこのように債務者救済する効果が大きいのがメリットといえますが、借金を返すことができなかったという履歴はブラックリスト扱いの情報として信用情報機関に登録されてしまいます。ブラックリストという名簿が実際にあるわけではありませんが、ネガティブな履歴が残るという意味で一般にブラックリストと呼ばれることが多いのです。特に自己破産というのが最もネガティブなため、今後、金融業で融資を受けたりクレジットカードを作りたいと思っても、ブラックリストが登録されている限りは金融業がお金を貸してくれることはまずないでしょう。これが債務整理のデメリットと言えるでしょう。

おすすめ情報