PAGE
本当に困ったら自己破産を選ぼう
本当に困ったら自己破産を選ぼう

自己破産とは借金が帳消しになる債務整理

債務整理というのは、借金を抱えているが返済することが厳しい状況になってきており困っている人に、借金を楽に返せるように借金の内容を見直す手続きをする方法です。債務整理には任意整理、民事再生、自己破産などの方法があります。債務者に適した方法を見つけて借金問題を解決するのがよいでしょう。借金を返済する能力がまだ残っている人の場合は、借金の金額を減額する任意整理や民事再生が適していますが、返済能力がない人は自己破産が適しています。自己破産というのは、裁判所に申し立てをし、債務者に自己破産宣告が下されると借金を返す義務が取り消しになる効力があります。自己破産がきまると借金を帳消しにすることができるのです。

借金がなくなることでそれまで大きな負担になっていた返済や、金融業の取り立てによる精神的なストレスが消えますから、気持ちがとても楽になることと思います。ただし、債務整理をした人は、信用情報機関にブラックリストとして記録が残ることになります。信用情報は、これまでの融資やクレジットカードの申し込みや延滞履歴が記録されており、金融業が融資やカード発行の審査の際に参照する情報になります。ブラックリストは5年から7年の間残るとされており、債務整理というのは借金を返済することができなかったというネガティブな履歴ですから、当然、金融業で融資を受けたり、クレジットカードの利用はその間できなくなってしまいます。しかし、自己破産は新しく生活を再生させる機会でもあり、二度と借金で失敗しないように、人にお金を借りることに頼らないで頑張ってみるのも良いのではないでしょうか。

おすすめ情報