PAGE
本当に困ったら自己破産を選ぼう
本当に困ったら自己破産を選ぼう

債務整理と自己破産について

借金を抱え、借金を返すめどが立たずに困っている人は債務整理をすると良いでしょう。債務整理というのは、借金を返済することができなくなった債務者が借金を返せるように法を用いて調整をし、債務者の生活を再生させるための方法です。どういった効果があるかというと、借金を整理して減額したり、借金を帳消しにするなどがあります。支払い能力が全くない場合には、借金を帳消しにする効果のある自己破産の申し立てをするのがふさわしいでしょう。

自己破産の手続きは、地方裁判所に申し立てを行います。裁判所の判断により、債務者に支払い能力がないとみなされると、自己破産の宣告がくだされ、破産が開始します。これによって債務者の借金は支払う義務がなくなり、借金の金額は帳消しになります。それまで借金の重圧に悩んだり、金融業の取りたてに苦しんできた債務者にとっては、これらの苦しみから解放されることになるので、随分と気持ちが楽になることでしょう。その代わり、家や財産は差し押さえられて手放さなければならなくなります。ちなみに家や車をどうしても手放したくない場合は民事再生という債務整理の方法もあります。ただし、民事再生は借金が全て帳消しになるわけではないので、ある程度収入が見込める人でなければいけません。また、自己破産はどんな理由の借金でも対象になるわけではありません。例えば、ギャンブルや浪費といった自分に問題がある借金の場合は、破産宣告は下されないでしょう。

おすすめ情報

  • 特殊な鍵(山形)トラブルもOK、こちらをチェック。