PAGE
本当に困ったら自己破産を選ぼう
本当に困ったら自己破産を選ぼう

多重債務による債務整理を行なうには自己破産の手続きをする

銀行や信販会社・消費者金融会社等からお金を借りると、最初の内は支払いに無理をする事は無くても、借入金額が増えると一社でも毎月の支払いに困る様になり、次の会社からお金を借りて最初の会社に支払いをすると言う形になっていきます。そうすると最初の会社には毎月の支払いをする事も出来る様になっていきますが、結果的には二つの会社に毎月返済をしていく形になり、自然借入件数が増え、毎月の支払いに影響をきたし、生活費を削っても支払いに遅れを取る等が増えてきて、督促の電話等をもらうようになっていきます。自然焦燥感等に縛られてきます。家庭や職場等にも影響をきたし、正常な日常が送れなくなります。そういった債務整理を行なう為に、一番効率の良い方法が自己破産でもあるのではないかなと思います。

雪だるま式に増えた借り入れ金額・件数を減らして行きたいと思っても既に支払いに困難をきたして、督促の電話や来訪をされるようになると、安定した生活を送れないのは勿論ですが、精神的にもきついものが有ります。職場に行っていても心落ち着かず、仕事にも影響をきたしてしまいます。多重債務は自己では解決する事は困難で弁護士さんや司法書士等の代理人を得て債務整理を行なって行く事が一番短い解決方法になるのではないかなと思います。解決方法として民事再生等も有りますが、主には自己破産を選択する人も多いと思います。自己破産をすると借りていたお金を返さなくても良い様になるからです。しかしその分自己の管理能力が無いとして、個人情報機関にはブラックとなってしまいます。自己破産の手続きをするには個人所有の車・土地・家等が有ればまずそちらを売却して返済に充てる等して、残った債務の金額に対しては所有物が無くなってから自己破産の手続きに入る事が出来ます。